ホームページへようこそ2016/11/08 22:25


こちらは京都バッハ合唱団のホームページです。

+++ お知らせ +++

2016.11.08 12月クリスマス演奏会「クリスマスオラトリオ」のご案内を掲載いたしました。

                2015年1月13日「安積合唱協会」様とのジョイントコンサート集合写真
                 (郡山市民文化センター大ホール)
                     2007年2月12日「マタイ受難曲」特別演奏会(いずみホール)

合唱団のFacebookページができました!こちらからどうぞ!
合唱団に関するお問い合わせはこちら


今日の音楽記号



次回の演奏会2016/11/08 22:16

教会暦によるカンタータシリーズ Vol.47

京都バッハ合唱団の次回の演奏会についてお知らせします。

バッハアカデミー関西「教会暦によるカンタータシリーズ」(第47回)

2016年12月25日 (日)17:00開演(16:30開場)
日本基督教団・島之内教会(大阪市地下鉄・長堀橋駅)

★J.S.バッハ:クリスマスオラトリオ第1,2,3部
Johann Sebastian Bach: Weihnachtsoratorium BWV248 Teil I,II,III
第1部 「歓声を上げ、喜び歌え、さあ、この日々を称えよ」
第2部 「さて この土地で羊飼いたちが」
第3部 「天の支配者よ、その舌足らずな歌に耳を傾けてください」

★「みんなで歌うクリスマス」
演奏: バッハアカデミー関西

 ソプラノ:中嶋康子
 アルト:小林あすき
 テノール:川野貴之
 バス:津國直樹
 管弦楽:大阪チェンバーオーケストラ
 合唱:京都バッハ合唱団

指揮: 本山秀毅

一般3,000円 学生1,500円(前売一般2,500円 学生1,500円)
(チケットの価格には消費税が含まれています)
(未就学児童のご入場はご遠慮ください)

チケットオンライン販売はこちら


 ドイツの待降節にバッハの「クリスマスオラトリオ」は欠かせない存在です。それは季節に合わせた雰囲気を持っているというより、その季節の「意味」をわれわれに示してくれるものに他ならないからです。
多くのエンタテインメントが溢れる年の瀬に、本来の「クリスマスとは何か」という降誕のメッセージを、バッハの音楽と共に礼拝堂で耳を傾けませんか。(本山秀毅)

主催:バッハアカデミー関西

Copyright (C) 2016 Kyoto Bach Chor, All rights reserved.

年表-2016年2016/11/08 22:15

3月6日、「Harmony for Japan 2016」に参加(於:長岡京記念文化会館)。単独ステージ:フィッシンガー:「バビロンの川のほとり」、ストロープ:「エレミアの哀歌」。(ピアノ:竹内孝子)

4月9日、バッハアカデミー関西「教会暦によるカンタータシリーズ」(第45回)(於:島之内教会)。バッハ:カンタータ第3番、第14番、第123番。

7月19日、京都バッハ合唱団 フロット室内管弦楽団ジョイント企画「J.S.Bach: ヨハネ受難曲 BWV245」(於:神戸栄光教会)。バッハ:J.S.Bach: ヨハネ受難曲 BWV245。

9月11日、「ヴォーカルアンサンブルEST 第24回コンサート」(於:三重県文化会館大ホール)。(KBC単独ステージ)「羊飼いの合唱」(フランツ・シューベルト)「恋人のところへ」「ふるさとに寄す」(ヨハネス・ブラームス)「流浪の民」(ロベルト・シューマン)「火の騎士」(フーゴー・ヴォルフ)。(ピアノ:船橋美穂)(合同ステージ)「星の話し」(木下牧子)「死んだ男の残したものは」(武満徹)「あいたくて」(相沢直人)「二重合唱のためのミサ」(フランク・マルタン)。

10月9日、バッハアカデミー関西「教会暦によるカンタータシリーズ」(第46回)(於:島之内教会)。バッハ:カンタータ第60番、第89番、第163番。

11月6日、京都バッハ合唱団特別演奏会「ロ短調ミサ」(福島より安積合唱協会を迎えて)(於:いずみホール)。バッハ:ミサ曲ロ短調 BWV232。

Copyright (C) 2016 Kyoto Bach Chor, All rights reserved.