バッハ:モテットBWV 228 「恐るるなかれ、われ汝とともにあり」を大阪弁に訳すと2020/02/03 22:02

(管理人注:以下は団員の1人が自分のFacebookに掲載された記事をご本人の許可を得て転載するものです)


5月の京都バッハ合唱団の演奏会で歌います。

以前、親戚のキリスト教の前夜式に出席したことがあります。キリスト教ではお通夜とは言わず前夜式ですね。驚きました。日本のお通夜と違い、悲しみにくれるというより、亡くなった方が神のもとにゆける事を一緒に喜びましょう、という、ある種の晴れやかな雰囲気なんですね。

バッハのモテットはすべて、追悼式、葬送のために作曲されたものです。したがってモテットとは、死を念頭において書かれた音楽です。このモテットもライプツィッヒのある著名人の未亡人の追悼式の音楽として作曲されました。葬送の曲ですが、どうでしょう、曲は華やかで、深刻さとはかけ離れています。これは、キリスト教においては、死は否定的なものでなく、新しい始まりである、ということと関係します。バッハの音楽のキーポイントのひとつです。

 Fürchte dich nicht, ich bin bei dir. 恐るるなかれ、われ汝とともにあり

文字通りには、神が死にゆくものに発した、”恐れる事はない、私はあなたとともにいる”という言葉です。文語調の邦題のため、すごく硬くきこえますね。

では、キリスト教を離れ、宗教的な意味合いからも離れて、関西風に訳してみましょう。
大阪弁では、
「心配せんでもええで、わたしがついてるやん」となります。
お母さんが子供に、
「だいじょうぶ、だいじょうぶ、お母ちゃんがついてるで」。
奥さんが頼りない旦那に、
「なにごちゃごちゃいうてるの、わてがおるやないか」
もうこうなると夫婦善哉の世界です。

世の中何がおころうと、わたしがいるから大丈夫、というのは、世の東西、古今を問わず、極めて強烈なメッセージですね。

後半のフーガにある言葉

 Du bist mein, ich bin dein. 汝はわがもの、われは汝がもの

これもバッハが好きな言葉です。あちこちに出てきます。
究極の愛です。
神と人間の愛なのでしょうが、ひととひとの愛、母と子の愛、さらには、男と女の愛でもあるのでしょう。
直接ではなく持って回った表現をするのが、バッハの時代なんですね。 この言葉が延々と繰り返される、BWV140のデュエットなどは、イエスと魂の2重唱というより、聴きようによってはたいへん色っぽいものです。
もっとも、これを大阪のおばちゃん風に大胆に意訳すると、色恋をはなれて「わてのものはわてのもの、あんたのもんはわてのものや」と身も蓋もない事になってしまいます。

こんな風に、大阪弁でバッハを歌ってみると、バッハもきっと身近なものになるでしょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kyotobachchor.asablo.jp/blog/2020/02/03/9210003/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。