管理人ブログ - 管理人からのお知らせ2010/01/27 22:57

「管理人ブログ」を都合により引越しします。

こちらからご覧ください。

Copyright (C) 2010 J.Poo, All rights reserved.

管理人ブログ - 管理人からのお知らせ2009/04/09 21:44

合唱団団員の中田さんが立ち上げておられる「ミュージックエナジィ」というグループのコンサートの案内です。

「ミュージックエナジィ」第1回チャリティーコンサート

モーツァルト【レクイエム】(パイプオルガン付き)

聖イエス会嵯峨野教会 16:00開演 (15:30開場)

・指揮柴田謙
・ソプラノ小梶史絵
・アルト大久保泰子
・テノール新屋良太
・バス中田浩隆
・オルガン 阪口裕美
・合唱ミュージックエナジィ合唱団
・管弦楽ミュージックエナジィ管弦楽団

詳細はこちら

Copyright (C) 2009 J.Poo, All rights reserved.

管理人ブログ - 年の始めのベートーベン2009/01/19 21:27

遅ればせながらあけましておめでとうございます、というところである。管理人の相変わらずの怠慢により1つも更新が進まないうちにもう1月も下旬になってしまったので、古新聞にならないうちに年始めの重要イベントについて書いておくことにする。

----------------------------------------------

1月12日にいつもチャペルコンサートでお世話になっている天満教会の創立130年を記念し、礼拝堂再建に向けたチャリティコンサート、ということで合唱出演させていただくことになった。曲は何と「第9」。それも全曲、である。私は実をいうと大昔はベートーベン大好き少年であったので、こういう催しにはついつい乗っかってしまう。おまけに今回はわが合唱団有志のメンバーがソロを取らせてもらえる、というお話であり、さらに指揮は日ごろのカンタータ演奏会でいつもオーボエでお世話になっている「大阪チェンバーオーケストラ」主宰、河野正孝氏が棒を振るという訳である。これはもう期待十分、という感じである。

ということで非常に楽しみにしていた本番であったのだが、その期待にたがわず、なかなか面白いコンサートになった。今回オケの編成は約40名、合唱入れて85名だが天満教会の礼拝堂はこんなに入ったらもう上限という感じである。それでもオケ40名といったら例年の年末にいつも演奏させてもらっている「大阪センチュリー」の編成とくらべてもずいぶん小さい。指揮者の河野さんは、比較的早めのテンポで最近はやりの「ピリオド奏法」っぽい解釈でまとめておられたが、これはオケの編成からいっても当然の選択かもしれない。私自身こういう小さい編成のオケでベートーベンの交響曲を聴く(演る)、というのは初めての経験で、とくに普段はあまり気にしないセカンドVnやVaなどのパッセージが良く判っていろいろ勉強になった。編成が小さいなら小さいで、大きいなら大きいでそれなりに納得できてしまうのがさすが、というか、やはりベートーベン恐るべし、である。名曲と呼ばれる作品は、音楽自体の持つエネルギーがやはり違う、ということをあらためて感じることができたコンサートであった。